マネー 投資

知らぬ間に損してるかも??投資に使える非課税制度まとめ!

更新日:

Bookkeeping Accounting Taxes

FirmBee / Pixabay

貯金ばかりでもしてても仕方がないし、投資でもしてみようかな・・・

ある程度お金が貯まってくると、お金を寝かしておくのももったいので投資したいというのは至極全うなご意見です。

とは言うものの、実際投資を始めてみるとなんと利益の20%が税金で持って行かれてしまうではありませんか・・・

10万円利益が出たらなんと2万円も国の取り分になってしまいます。

不動産やビジネスと違って、株は一切経費にならないのに利益に対する税金だけはしっかり持って行くなんてなんて国だ!と嘆きたくなりますよね。

「できるだけ無駄な税金は払いたくない!」

そんな人の為に今回は、投資で使える非課税制度をご紹介したいと思います。

こんな方におすすめ

  • 税金を安くしたい
  • 少しでもお得に投資したい
  • NISAやiDeCoについて詳しく知りたい

スポンサーリンク




サラリーマン投資家は非課税制度を使わないと損

Dices Over Newspaper Profit

AbsolutVision / Pixabay

日本はなかなか税金が高い国で、株やFXで利益を出すと約20%もの税金を払わねばなりません。

20%の税金となるとなんと年収800万円程度の収入がある人が払う所得税と変わりないです。

配当を20万円貰ったとしたら4万円も税金で取られてしまうというのはなかなかインパクトが大きいですよね。

投資収益が大きければ(年間1000万円程度)まだ良いですが、日本は投資に関しては逆進的な税制なため投資収益が小さいうちは複利効果(※)を最大限生かすため一円でもお金を無駄にしたくないところ。※リターンを得る度に収益が加速度的に増えていくこと

日本政府も鬼ではないので少額投資者向けに様々な非課税制度があり、一般的な収入のサラリーマンなら投資額全てまかなえる可能性があります。

非課税制度を使えば払う必要のなかった利益の20%分を税金として払い続けるというのはかなり損ですよね。

確定申告の必要があったり(かなり面倒)、iDeCoを使えば払わなくても良かった税金を払わなければいけなかったりで非課税制度を使わないデメリットは計り知れません。

非課税口座を使わないデメリット

  • 異常に高い税率を払う必要がある
  • 煩雑な確定申告を行う必要がある
  • 所得税を余計に払わなければならない

異常に高い税率を払う必要がある

すでに説明させていただきましたが株やFXには分離課税で利益の20%という超高額な所得税がかかります。

年間1000万円以上利益を出しているのであれば決して高い税率ではありませんが、これから株を始めるような人にはかなりショッキングな数字です。

できれば払いたくないところですね。

煩雑な確定申告を行う必要がある

また、確定申告もかなり面倒くさいです。

最近はe-TAXを使用して簡単に確定申告が可能になりましたが、NISAやiDeCoと言った非課税口座の場合は確定申告が不要なので無駄な手間がかかりません。

非課税口座でなくても特定口座を持っていれば確定申告は不要の場合もありますが、複数口座を持っている場合損益通算を行う必要があるため必ず確定申告が必要になります。(確定申告をしないと余計に税金が取られててしまいます)

所得税を余計に払わなければならない

確定拠出年金であるiDeCoは投資額が全て非課税になる制度で、投資をした全額が所得控除の対象となるためその分税金が安くなります。

iDeCoを使わないということは同じ投資をした場合払わなくても良かった税金を国に払わなければならないのと同じなのでかなり損をしています。

どのくらい税金で損をしているのか確認したい方はこちら(楽天証券iDeCoシュミレーションページ)から確認してください。

投資に使える非課税制度

さてここまで非課税制度を利用しないことのデメリットを書かせていただきましたが、どんな非課税制度があるのでしょうか?

株で使える非課税制度は3種類あり、年金タイプのiDeCoと取引口座タイプのNISA、つみたてNISAがあります。

NISAの方が自由な取引ができ自由度が高いですが、節税効果で言うと利益が非課税になる以外にも投資額が所得控除の対象になるiDeCoの方が遙かに高いです。

できれば両方の制度を使って資産を加速度的に増やしていきたいですね。

投資に使える非課税制度

  • iDeCo
  • つみたてNISA
  • NISA

iDeCo(確定拠出年金)

iDeCoは年金の一種で毎月決まった額投資を行い60歳以降に拠出額+利益を取り崩せる制度です。

最大のメリットは拠出額全額が所得控除の対象となる為、年収が高ければ高いほど節税効果が高い点です。

年収300万円前後の方でも12000〜24000程度の節税効果がありますので、無駄な税金を払うよりも資産形成をしつつ使えるお金を増やせるサラリーマンであれば必ず利用したい制度ですね。

NISAと違い、金融機関で決められた投資信託のみ購入可能ですので、開設する口座はよく吟味しなくてはなりません。

一番のおすすめは私も利用している楽天証券のiDeCo口座です。

楽天証券は、株価指数以外にもREITや債券など優れた商品を低コストで購入が可能です。

NISA

NISAは年間120万円分の売買に対する売買益と配当に対する税金が最大5年間非課税になる制度です。

トレードには心許ないですが、配当狙いの長期投資であれば120万円は十分な枠だと思います。

NISAで購入する株は高配当の銘柄を中心に配当益を狙っていくのが一番いいと思います。

市場がクラッシュした際には、優良企業でも8%前後の配当を出す場合があるのでそういったバリュー株をどんどん買い込むことで他の非課税制度よりも効率的な資産形成ができる、非常にポテンシャルの高い非課税制度だと言えます。

ただし、現行のNISAは2023年までで制度が終わってしまい、それ以降は新NISA(非課税枠102万円)の制度に切り替わってしまいます。

つみたてNISA

つみたてNISAはNISAの少額投資、投資信託版で年間40万円、最長20年間税金が非課税になる制度です。

NISAの場合個別銘柄中心の投資になるので、自分で銘柄選定をしなければなりませんがつみたてNISAは投資信託のみの投資になるため、決算書の読み方がわからない初心者や読むのが面倒な人には持ってこいの制度ですね。

何も考えずに長期投資をしていつの間にか億万長者・・・なんてのもあり得るかもしれませんね。

つみたてNISAを使うなら断然楽天証券がおすすめです。

楽天証券は楽天カードで投資信託を購入することができる為、投資額の1%分ポイントが貰うことができます。

40万円毎年投資するのであれば4000円も損することになりますので必ず確認しておきましょう。

非課税制度を駆使して資産形成を加速させよう

Money Profit Finance Business

nattanan23 / Pixabay

以上、投資に使える非課税制度について解説させていただきました。

株などの取引には税金がつきものですが、投資の魅力である複利成長を最大限活用するためには非課税制度を利用して税金をできるだけ払わないというのが必須条件になります。

より効率的な資産形成を実現するためにも非課税制度を利用して、有利な投資を行ってください。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リュウ

脱サラを目指して投資やビジネスをする傍ら、転職活動を行いキャリアアップを目指しています。 キャリアアップに不可欠な転職やマネーについて信頼性の高い情報を提供していきます。

-マネー, 投資
-, , , , ,

Copyright© CAREERS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.