キャリア マネー ライフスタイル

20代の社会人が貯金をするべき3つの理由

更新日:

Financial Planning Finance Saving

LillyCantabile / Pixabay

「お給料が入ってきたら全てカードの支払いに消えてしまう・・・」

「飲み会や趣味などでほとんど給料が消えてしまう・・・」

こんな悩みをもつ方、結構いると思います。

20代だと給与が少ないと感じる方が大半だと思います。必然ながら手取りも少なく、なかなかお金も貯まりにくいかもしれません。

以前の私もお金が貯められず悩んでいました。しかし、あるテクニックを身につけることでお金がたまるようになりました。

そして、お金が貯まってくることでメンタル面の変化も感じられました。

そんな経験から、20代だからこそお金を貯めるテクニックを知って欲しいと思います。

そこで今回は20代こそ貯金をするべき理由とテクニックについてお話しします。

こんな方におすすめ

  • 貯金がなく漠然とした不安を抱えている方
  • 貯金するための方法を知りたい方

スポンサーリンク




20代が貯金を優先すべき理由

自己管理ができるようになる

お金を貯める方法はとてもシンプルです。

「収入」ー「支出」をプラスにすることです。

プラスにするためには、収入を増やすか、

支出を減らすかしか方法はありません。

当たり前のことですが、これしかありません。

「そんなのできたら苦労しない!」と思った方もご安心ください。

のちほど、お金を貯めるためのテクニックもしっかり解説します。

この過程でしっかり自己管理が自然とできるようになっていきます。

このテクニックを使えれば、衝動買いを抑える、飲み会も選別するなどお金を貯めるために思考をめぐらせるようになります。

その過程で本当に必要なもの、そうでないものを区別する習慣が身につくようになります。

考え方が変わる

貯金が増えてくると考え方も変わってきます。

貯めたお金を使えばいろんなことができます。

副業、自己投資、資産運用、旅行

例えば、貯めたお金を使ってプログラミングスクールに通い、副業で稼いだりできます。

資産運用をすることで着実にお金を増やしていくことも可能です。

長期で旅行に出かけて自分の人生を見つめ直すこともできます。

給料を全部使い果たしていたら、こんなこと考えもしなかったと思います。

資産運用に関しては、そんなに難しいものではないです。

ぜひこちらの記事も読んでみてください。

心に余裕ができる

お金が貯まるとお金の心配をすることがかなり減るので、気持ちにも余裕が出ます。

貯金がないと、職場の上司・同僚が合わなくて強いストレスを日々感じていても、会社をやめることができません。生活できなくなってしますので・・・

ただ、貯金があれば話は別です。

貯金があれば、もうしんどいなと思ったときは思い切って仕事をやめてしまうことが可能になります。

貯金があると、長い休みをとって旅行にいってリフレッシュしてから、再び就職をするという選択肢を選ぶことが可能になります。

今は人生100年時代と言われています。

ひとつの職場で定年まで働き続けるほうが珍しくなってきているので、今後はそういうライフスタイルもあっても良いのではないでしょうか。

いくら貯めればいいの?

まずは、給料の10%を貯金できるようにしましょう。

年収300〜400万円程度の方であれば、年間30〜40万円くらいといったところでしょうか。

このペースで貯金できれば、2〜3年あれば100万円くらい貯められます。

月収30万程度の方であれば月3万円くらいです。実はそんなに大変な数字ではありません。

理想としては「Fuck you money」といえる金額を貯めることです。

ご存知の方もいるかと思いますが、「Fuck you money」とは、上司に Fuck you!と捨てゼリフを吐き捨て、オフィスから飛び出し、そのまま会社を辞めてしまえるくらいのお金という意味です。

おおよそ年収分の貯金があれば、いつでも辞めてしまえる金額と言えるのではないでしょうか。

20代であれば、300〜500万の貯金を目標にしたいところです。

貯金のテクニック

お金の流れを把握しよう

具体的なテクニックですが、まずはお金の流れを「見える化」しましょう。

今はキャッシュレス還元といった政府の後押しもあり、キャッシュレス決済が主流になってきています。

クレジットカードやスマホ決済を使っている方はこれから紹介するアプリを使うと自分がどれだけ・どんな場面でお金を使っているのかを「見える化」することができます。

支出の膨らむ原因を特定できれば、そこにメスをいれることができるでしょう。

以下おすすめスマホアプリを紹介したいと思います。

マネーフォワードがおすすめ

電子決済メインの方ならこれが最強だと思います。

銀行・証券・クレジットカードなど全てのお金の動きを自動で「見える化」してくれます。

月の支出を食費、交通費、衣料品など項目別に集計もしてくれます。

家計簿をつけるとなかなか大変なので、本当に便利なアプリです。

初期設定がやや手間ですが、初期設定さえすればあとはとくにやることはなありません。

現金決済の記録も一応可能です。現金を銀行口座から引き出すときに出金というかたちで記録されます。その場合はどんな使い道だったのかはアプリ上で記録する必要があります。

無駄な出費を減らす

お金の流れが見える化できたら、無駄な出費を見つけましょう。

無駄な出費をおさえることで、結構な額の貯蓄が可能となります。

無駄な出費の例は以下のようなものがあります。

・断ることができずに行っている飲み会の代金

・惰性で買っている漫画

・毎朝つい買ってしまうコーヒー

などです

以上のものを減らすことで、生活水準は変えずに貯蓄額を増やすことが可能です。

何か購入する際「本当に必要なのか」を自身に確認するクセをつけるようにしてください。

自身を客観的に見て、自己管理をするようにしましょう。

まとめ:貯金は大切。アプリを利用して支出をへらしましょう

今回は貯金の大切さとお金の流れを「見える化」すること、無駄な出費を減らすことの重要性についてお話ししました。

心の余裕や自己管理能力という面でも大きなメリットがあることがお分かり頂けたでしょうか。

まずは、お金の流れを「見える化」し、無理のない範囲で貯金を始めてみるのはいかがでしょうか。収入の10%をとりあえずの目標にするのが良いでしょう。

きっといろんな面で人生変わってくるはずですよ。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

RYO

都内在住。グンマー出身。既婚。趣味はNetflix。金融機関でトレーダーやってます。妻と2人で暮らしてます。持ち家。会社に依存しない生き方を模索中です。キャリア、転職、運用、ライフスタイルなど皆様に役立つ情報を発信できたらと思います。

-キャリア, マネー, ライフスタイル
-

Copyright© CAREERS , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.